てにらぼ

テニスを科学する -tennis training lab-

テニスと体力ー有酸素能力ー

全身持久力=有酸素能力

 今回は動作から少し離れて、テニスに必要な体力要素について「全身持久力」をテーマに考えていきたいと思います。

 

全身持久力は体力やスタミナという言葉にも置き換えられており、学校の新体力テストのシャトルランテスト」でも測定されています。これは折り返し回数に応じて電子音がリズムアップして速度が上がりましたよね。このように運動強度が増加するとゼーハーゼーハーし、体が必要とする分の酸素を取り込もうとするのは実感して分かっていることと思います。

有酸素能力とはこのように強度に比例して体の中にどれだけ酸素を取り込むことができるかという能力のことで、シャトルランテストはこの有酸素脳能力を間接的に評価できるテストとなります。

 

今回は全身持久力を、体の中に酸素を取り入れる能力=有酸素能力に置き換えて、テニスに求められる体力について説明していきます。

 

テニスの試合では、マラソンマッチと呼ばれるような長い試合が(時には1セットマッチでも1時間を越えることが...)ありますよね。とすると筋トレだけではなく、マラソンのような有酸素能力のトレーニングも大切な気がします。

トップ選手の有酸素能力自体、一体どれほどのモノなのか覗いてみましょう。

 

有酸素能力の評価指標:VO2MAX

まず理論ですが、難しく考えずに数字に注目しながら読み進めていきましょう(∩゜д゜)

 

 酸素・栄養素が含まれた血液を運ぶ心臓や、循環させる各器官、身体の各組織での細胞の酸素利用能力などによって個人の有酸素能力は決定されます。

これら心臓・血管・呼吸器の生理学的な反応による運動能力はまとめて「呼吸循環系能力」と言います。

持久系の筋タイプだから疲れにくいという話ではなく、肺や心臓等に着目した「呼吸循環系能力」から有酸素能力を評価しようとする時の代表的な値がVO2MAX(最大酸素摂取量)です。

 

f:id:tennis-lab:20170302181247p:plain

 

上の写真のような装置(ほかにも自転車)で、被験者を疲労困憊まで走らせた際の呼吸を分析し、単位時間当たり最大でどれだけ酸素を体に取り入れる能力があるかを実測で明らかにできます。

イスに座っている時・このブログを見ている時など日常生活における酸素摂取量は約3.5ml/kg/minと言われてますが、この時体重80kgの人は1分間に約281mlの酸素を摂取している計算になりますね。

 

最大運動時には安静時の約20倍までこの酸素摂取量は増加します。各個人の体格によっても酸素摂取量は変化するため、必ず体重当たりの値(単位:ml/kg/min)で相対値を出します。

 

このVO2MAX(ml/kg/min)が高いほど、体重1kg当たり1分間当たりに使える酸素量が多い=細胞で生み出せるエネルギー量が多い=より長い距離を速度を落とさずに走れるということになります。

もっと簡単に言うと、より速いスピードで長い距離をランニングできる(フルマラソンのタイムが速くなる)ということです!戦闘力と一緒で、高い人程、有酸素系の競技能力に優れているのです。

 

VO2MAXの全国平均値を見てみましょう

一般成人男性・・・43ml/kg/min

一般成人女性・・・35 ml/kg/min

例:60kgの成人男性は1分間に最大約2580ml(約2.6L)の酸素摂取が可能

 

男性の方が活動する筋量が多い分、酸素を多く消費するため若干高くなる傾向があります。

 

前置きが長くなってしまいましたので、トップ選手のVO2MAXとテニスに本当に必要な体力については次回掘り下げてみましょう。